エレメンタル沈黙プリーストS40

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1915
IMG_1890
【デッキコード】
・タールクリーパー
AAECAa0GBMkGhbgC6r8CvsgCDd0E5QSlCfIMqa0CrLQC4b8C0cEC2MECpcICysMCxccCyMcCAA==
・託宣師
AAECAa0GBMkGhbgC6r8CvsgCDd0E5QSlCfIMqa0CrLQC4b8C0cEC1cEC2MECpcICxccCyMcCAA==

・デッキ特徴

沈黙を使った強力なミニオン展開を軸としたミドルレンジデッキ。
各種エレメンタルミニオンが序盤から終盤まで様々な状況への対応力を与えてくれるため、アグロにもコントロールにも十分対抗することができます。
ミニオン中心の構成のため単体除去呪文を外しており、沈黙とブレイズコーラーがその機能を疑似的に担っています。
バーストやダメージ呪文がないので、強力なミニオンで盤面を支配しそのまま押し切ることが主な勝ち筋になります。
全体除去はドラゴンファイアーポーションとホーリーノヴァが1枚ずつ。
影の幻視でこれらを状況によって使い分けることができます。

・戦術

序盤の主役はノースシャイアの聖職者と古代の番人。
特に古代の番人が重要で、これが最速で動ければほとんどデッキに対し盤面を支配することができます。
結晶体の託宣師、光熱のエレメンタル、真言・盾も一定の貢献をしてくれますが、あくまでも序盤の主役は上の2枚です。
タールクリーパーは最速で出せればまずまず強力。光熱のエレメンタルやノースシャイアの聖職者を守る使い方が最も有効です。

中盤では、どでかいレイザーリーフ、さまよう無貌のもの、バーンズが強力。
さまよう無貌のものは単体では機能しないので、これにつなげるためにも序盤の戦いが重要です。
バーンズは基本的に沈黙とともに使います。これによりフローズンクラッシャーを引き当てられれば、ドッペル+進化も真っ青の4ターン目に3/4、8/8の同時召喚で一瞬で勝負を決めることができます。
結晶体の託宣師、光熱のエレメンタル、ライラを引き当てた場合は、基本的には沈黙をかけずにそのまま運用します。

終盤はフローズンクラッシャー、ブレイズコーラー、ライラが主役。
ブレイズコーラはミニオン除去にもフィニッシャーにも使える強力なカードです。
フローズンクラッシャーは、メイジや翡翠ドルイドなど、中盤少し落ちるデッキ相手には非常に強力。10マナまでいけばさまよう無貌のものと一緒に使え、8/8×2体の超展開が可能です。
沈黙呪文や影の幻視は後半余ることがあります。そんな時こそライラの出番です。
不要な呪文を一気に使いきって他の有用なカードを仕入れましょう。
これによりデッキ切れを起こすような戦いにも対応することができます。

・マリガン

マリガンは、古代の番人、どでかいレイザーリーフのどちらか1枚と沈黙、祓い清めのどちらか1枚はキープ。ノースシャイアの聖職者はキープ。結晶体の託宣師、光熱のエレメンタル、タールクリーパー、真言・盾も基本キープです。相手が遅い場合、どでかいレイザーリーフ+さまよう無貌のもの、バーンズ+沈黙も、他のカード次第ではキープできます。

・戦い方例(動画)

VS 翡翠ドルイド(Legend)

VS ランプドルイド(Legend)

VS アグロドルイド(Legend)

VS ミラクルローグ(Legend)

VS 海賊ウォリアー(Legend)

VS 秘策メイジ(Legend)

VS フリーズメイジ(Legend)

VS アグロドルイド2(Legend)

VS クエストウォリアー(Legend)

VS OTKプリースト(Legend)

VS フリーズメイジ2(Legend)


 

ドラゴン沈黙プリーストS40

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1827
【デッキコード】
AAECAa0GAsUEhbgCDt0E5QSlCfIMqa0CrLQCgrUCursC8LsC4b8C6r8C0cECxccCyccCAA==

・デッキ特徴

プリーストの特徴であるドラゴンと沈黙の強さを最大限引き出したデッキ。
ミニオン中心の構成のため単体除去呪文を外しており、沈黙とドラゴニッド諜報員からの発見がその機能を疑似的に担っています。
バーストやダメージ呪文がないので、強力なミニオンで盤面を支配しそのまま押し切ることが主な勝ち筋になります。
全体除去はドラゴンファイアーポーション、始祖ドレイクと強力な2種類がありますがどちらも重い。よって序盤の攻防が重要になります。

・戦術

序盤の主役はノースシャイアの聖職者、古代の番人とどでかいレイザーリーフ。
特にアグロ相手には古代の番人が重要で、これを最速で動かせるかどうかにかかっています。
これらにカバールのかぎ爪のプリースト、真言・盾を絡めてなんとか相手に対抗します。
ミドル、コントロール相手の場合は古代の番人、レイザーリーフが機能すればほぼほぼそれだけで盤面が支配できるので、いかに逆転を許さず押し切るかを考えていきます。
中盤では、さまよう無貌のもの、ドラコニッド諜報員が強力。
しかし、さまよう無貌のものは単体では機能しないので、これにつなげるためにも序盤の戦いが重要です。
中盤で盤面を五分にできれば、終盤はドラゴンファイアーポーションとドラゴン軍団を駆使して盤面を支配します。
ドラゴン軍団は単体の強さに加え、ドロー力も半端じゃないのでどんどん相打ちを取っていきリソース勝負に持ち込む事もできます。
更にこのデッキにはトリッキーな技として【バーンズ+沈黙】を採用しています。
これが決まれば【ドッペル+進化】のように、ターンの浅いうちに強力なミニオンを複数同時召喚することができます。
特に4ターン目に3/4、4/8等の同時召喚に成功すれば形勢を一気にこちらに持ってくることが可能です。

・マリガン

マリガンは、古代の番人、どでかいレイザーリーフのどちらか1枚と沈黙、祓い清めのどちらか1枚はキープ。ノースシャイアの聖職者はキープ。カバールのかぎ爪のプリースト、真言・盾は使うミニオンがいればキープ。ネザースパイトの歴史家は序盤にはあまり強くないので基本返します。どでかいレイザーリーフがあれば、さまよう無貌のものも場合によってはありです。

・戦い方例(動画)

VS アグロドルイド(Legend)

VS 進化シャーマン(Legend)

VS クエストメイジ(Legend)

VS 翡翠ドルイド(Legend)

VS ミラクルローグ(Legend)

VS コントロールパラディン

VS クエストウォリアー

VS エレメンタルシャーマン

VS シークレットハンター

VS 沈黙プリースト

 

 

 

 

 

 

 

エレメンタル翡翠進化シャーマンS40

【エレメンタル翡翠進化シャーマンS40】の紹介

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1814
【デッキコード】
AAECAaoIBu0F/gWTCZS9Ava9AvPCAgyBBPUE8Af6qgKgtgKHvALPvALRvAL5vwKbwgLrwgLCwwIA

・デッキ特徴、戦術

ファイアーエレメンタル+炎の舌トーテムによる速攻、ドッペル進化による盤面支配、血の渇きによるバースト、翡翠によるミニオン展開、エレメンタルによる回復、シャーマン固有スペルによる除去、発見によるドロー、ハースストーンにおけるあらゆる要素を備えた万能型デッキ。
翡翠の精霊がエレメンタル化したことで、カリモスの下僕、カリモスが格段に発動させやすくなっています。またカリモスの下僕からは翡翠の精霊が発見できるので翡翠ミニオンの安定性も向上。さらに今回、ハラジールもエレメンタル化したことでこちらもカリモスの下僕から発見が可能に。アグロ相手にはもちろん、メイジ相手にも1枚持っておくと後半の呪文ラッシュへの耐性を高めることができます。
クエストローグがナーフされたのが最大の追い風。シャーマンの除去キャパを唯一簡単に越えてくるデッキがいなくなった事でその強さが確かなものになっています。

・マリガン

マリガンは、ファイアーエレメンタル、翡翠の爪は絶対キープ。アグロ相手には退化、メイルシュトローム、ライトニングストームをキープ。コントロール相手にはマナ潮のトーテム、翡翠の精霊、翡翠の稲妻、場合によってはドッペル進化もキープします。ストーンヒルやサルノスあたりもキープ可能です。

・戦い方例(動画)

VS マーロックパラディン

VS コントロールシャーマン


 

 

 

 

 

 

 

エレメンタル翡翠シャーマン(翡翠の精霊エレメンタル化後)

【エレメンタル翡翠シャーマンS40】の紹介

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1813
【デッキコード】
AAECAaoIBu0FlL0C9r0Cx8EC88ICl8cCDPUE/gWgtgLdugLmuwKHvALPvALRvAKbwgLCwwLKwwKHxAIA

・デッキ特徴、戦術

翡翠による半無限ミニオン展開、エレメンタルによる挑発と回復、シャーマン固有スペルによる除去、発見によるドロー、ハースストーンにおけるあらゆる要素を高いレベルで備えた万能型デッキ。
翡翠の精霊がエレメンタル化したことで、カリモスの下僕、カリモスが格段に発動させやすくなっています。またカリモスの下僕からは翡翠の精霊が発見できるので翡翠ミニオンの安定性も向上。さらに今回、ハラジールもエレメンタル化したことでこちらもカリモスの下僕から発見が可能に。アグロ相手にはもちろん、メイジ相手にも1枚持っておくと後半の呪文ラッシュへの耐性を高めることができます。
クエストローグがナーフされたのが最大の追い風。シャーマンの除去キャパを唯一簡単に越えてくるデッキがいなくなった事でその強さが確かなものになっています。

・マリガン

マリガンは、アグロ相手には翡翠の爪、退化、メイルシュトローム、ライトニングストーム、タールクリーパーをキープ。コントロール相手には翡翠の爪、翡翠の精霊、翡翠の稲妻あたりをキープします。ストーンヒルやサルノスあたりもキープ可能です。

・戦い方例(動画)

VS 翡翠ドルイド

VS

 

 

 

 

 

 

 

シークレットハンターS40ver2

【シークレットハンターS40ver2】の紹介

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1810
【デッキコード】
AAECAR8AD6gCtQO7A8cD2QfrB9sJ/gz4sQK5tALEtALquwLkwgKJwwKOwwIA

・デッキ特徴

レジェ無しの低コストデッキ。
デッキタイプとしては完全なるアグロ。海賊ウォリアー、アグロドルイド、翡翠ドルイド、メイジ全般、クエストローグに有利。クエストウォリアー、沈黙プリーストとは互角。進化シャーマンやパラディンなどミドルレンジが強力なデッキには不利になります。
デッキの強みは、現環境最高速を誇る速さ。相手が少しでも立ち遅れれば決定的な差をつけることができます。一方、序盤から盤面を支配されるとほぼ負けます。もし相手が序盤から最高の展開を見せたら「見事だ」をクリックしサクッと次戦に進みましょう。

・戦術

序盤の盤面支配は必須。ここで負けると勝ち目ないので、最高のスタートを狙いに行きます。
このデッキにとっての最高のスタートとは、1ターン目にミニオンを出し、2ターン目にそれをバフし相手ミニオンを除去すること。マリガンではまずそれができる要素を取りに行きます。1ターン目に出したいミニオンは、先攻であれば野良猫orコンゴウインコ、後攻であればやさしいおばあちゃん、ゴラッカ・クローラーです。2ターン目のバフミニオンは、放電レイザーモー、ダイアウルフリーダーです。
次に考えるべきは、1ターン目に上記のミニオンを展開して本当に盤面にミニオンが残せるか、ということ。残せるかどうかは、相手のデッキタイプから予想することになります。例えばメイジ相手ならコンゴウインコでも十分でしょうし、海賊ウォリであれば野良猫でも厳しいかもしれません。ここで十分残せると判断できれば、残りのマリガンでは、中盤以降を考え獣の相棒や猟犬使い等をキープしたいですし、厳しいと判断すれば、さらに盤面を取りに行くカードを残す必要があります。
うまく盤面をとれれば、3,4ターンはさらにその盤面を強固にしに行きます。ここでは、獣の相棒や猟犬使い、イーグルホーンボウが強力です。
盤面が支配できれば5,6ターン目には10点以上のダメージが叩き出せることが多いです。ここから先は盤面無視で敵のフェイスに殺到します。いったん追い込めば殺しの命令、猟犬を放て、ヒロパを用いた終盤の力はあらゆるデッキの中でも随一です。
逆に盤面支配までは至らずとも、互角レベルであれば、ビタータイド・ヒドラ、サバンナ・ハイメインが最後の勝つチャンスを与えてくれます。とはいえ、後半は多くのデッキにパワー負けするので、これらの重量級ミニオンは切り札で、なしで詰め切れそうな場合は、ヒロパ等を優先して使用します。
秘策について、へびの罠は序盤の盤面取りに使うと強力で、帽子から猫は中盤ダメージを与えに行くときに重宝します。秘策のいいところは盤面を支配されているときでも展開できたり、AoEを食らった後にミニオンを残せること。理想は、覆面の女ハンターやイーグルホーンボウと合わせて使うことですが、これらは単体でも十分強力なので最適な場面で惜しみなく使うことが重要です。

・戦い方例(動画)

VS 沈黙プリースト

VS パラディン

シークレットハンターS40

【シークレットハンターS40】の紹介

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1802
【デッキコード】
AAECAR8CxLQCr8ICDqgCtQPHA9kH6wfbCe0J/gz4sQK5tALquwLkwgKJwwKOwwIA

・デッキ特徴

レジェ無しの低コストデッキ。
デッキタイプとしては完全なるアグロ。海賊ウォリアー、アグロドルイド、翡翠ドルイド、メイジ全般、クエストローグに有利。クエストウォリアー、沈黙プリーストとは互角。進化シャーマンやパラディンなどミドルレンジが強力なデッキには不利になります。
デッキの強みは、現環境最高速を誇る速さ。相手が少しでも立ち遅れれば決定的な差をつけることができます。一方、序盤から盤面を支配されるとほぼ負けます。もし相手が序盤から最高の展開を見せたら「見事だ」をクリックしサクッと次戦に進みましょう。

・戦術

序盤の盤面支配は必須。ここで負けると勝ち目ないので、最高のスタートを狙いに行きます。
このデッキにとっての最高のスタートとは、1ターン目にミニオンを出し、2ターン目にそれをバフし相手ミニオンを除去すること。マリガンではまずそれができる要素を取りに行きます。1ターン目に出したいミニオンは、先攻であれば野良猫orコンゴウインコ、後攻であればやさしいおばあちゃん、ゴラッカ・クローラーです。2ターン目のバフミニオンは、放電レイザーモー、ダイアウルフリーダーです。
次に考えるべきは、1ターン目に上記のミニオンを展開して本当に盤面にミニオンが残せるか、ということ。残せるかどうかは、相手のデッキタイプから予想することになります。例えばメイジ相手ならコンゴウインコでも十分でしょうし、海賊ウォリであれば野良猫でも厳しいかもしれません。ここで十分残せると判断できれば、残りのマリガンでは、中盤以降を考え獣の相棒や猟犬使い等をキープしたいですし、厳しいと判断すれば、さらに盤面を取りに行くカードを残す必要があります。
うまく盤面をとれれば、3,4ターンはさらにその盤面を強固にしに行きます。ここでは、獣の相棒や猟犬使い、イーグルホーンボウが強力です。
盤面が支配できれば5,6ターン目には10点以上のダメージが叩き出せることが多いです。ここから先は盤面無視で敵のフェイスに殺到します。いったん追い込めば殺しの命令、猟犬を放て、ヒロパを用いた終盤の力はあらゆるデッキの中でも随一です。
逆に盤面支配までは至らずとも、互角レベルであれば、ビタータイド・ヒドラ、サバンナ・ハイメインが最後の勝つチャンスを与えてくれます。とはいえ、後半は多くのデッキにパワー負けするので、これらの重量級ミニオンは切り札で、なしで詰め切れそうな場合は、ヒロパ等を優先して使用します。
秘策について、へびの罠は序盤の盤面取りに使うと強力で、帽子から猫は中盤ダメージを与えに行くときに重宝します。秘策のいいところは盤面を支配されているときでも展開できたり、AoEを食らった後にミニオンを残せること。理想は、覆面の女ハンターやイーグルホーンボウと合わせて使うことですが、これらは単体でも十分強力なので最適な場面で惜しみなく使うことが重要です。

・戦い方例(動画)

VS クエストローグ(ナーフ前)

VS 海賊ウォリアー

VS フリーズメイジ

VS 翡翠ドルイド

VS アグロドルイド

 

 

&nbsp