競売・競売・ハンドバフOTKパラディンS41

・デッキレシピ&デッキコード(*Dekki : https://dekki.com/ja/)

IMG_1983

IMG_1982

【デッキコード】

AAECAZ8FBJ29Ary9AsLOAo7TAg3cA6QH+wyzuwKVvAL3vAL5vwL6vwKzwQKbwgKbywLjywKmzgIA

・デッキ特徴

OTKパラディンを研究していたらいきついてしまった謎の形。
全てが特徴的なカードですが、競売王ビアードオとガジェッツアンの競売人の競売コンビがそろうのは多分このデッキだけ。

デッキの核はハンドバフカード。
これを生かすために複数展開ミニオン、ドロー付きミニオン、聖盾ミニオンを採用。
さらに強盗ログで生成したコインでガジェッツアンの競売人ドローをすることで手札を切らさず、しっかりとハンドバフを生かすことができます。

強盗ログのコインはもう一つの使い道があります。
それがヒーローカード使用後の競売王ビアードオOTK。
コイン×2、1マナ呪文×1で黙示禄の騎士×4を1ターンで召喚し不利な状況からの一発逆転を狙います。

基本的には重いデッキ相手に有利ですが、挑発ミニオンが豊富なのでアグロ相手にもそこそこ戦えます。

・戦術

とても大事なことを最初に述べます。
このデッキは基本的にハンドバフパラディンです。
OTKを狙ってコインを温存し、盤面を不利にしてはいけません。
盤面が取れるなら、競売王すら普通に出すこともあります。(ただしこれは非常手段です。ハンドバフの場合、出さないで手札に残すこと自体が強力な選択肢なので、基本はOTKまでキープです。)
盤面を取ることができれば、グライムストリートの用心棒、強盗ログが必殺の仕事をしてくれます。

ハンドバフは手札が多いほど強力ですが、手札を使わないと盤面が支配され手遅れになります。
盤面を完全に支配されると平等もタリムもないデッキでは逆転はほぼ不可能。
(加えて単体除去もないので相手のキーミニオンも倒せずにやられたい放題になります)
バランスを見極めながら展開する必要があります。

序盤が難しい。
1ターンから有徳の守護者を出していくような戦い方はこのデッキの場合あまり強くありません。
聖盾ミニオンや複数分裂ミニオンはハンドバフ後に最も輝くからです。
理想は運び屋の走り→グライムストリートの道具屋で3ターン目から通常のミニオン展開を進めること。
この流れに至れば3ターン目は苦痛の侍祭ですら3/5ドローなのでとても強力です。

中盤は、手札を増やす、ハンドバフする、盤面を取る、の3つをバランス良く実行していきます。
豊富な挑発ミニオンをうまく活用できると、グライムストリートの用心棒、強盗ログを生き残らせる事ができ、上記の3要件を効率的に実行できます。

終盤は、ボーンメア、リッチキング、ヒーロー武器や複数回バフしたドッペルやサロナイトで一気に盤面を支配し削り切ります。
コインや運び屋の走り、秘策がある場合はガジェッツァンの競売人で回す動きは強力ですす。
とにかくまずは普通に削り勝つことを狙います。
そしてそのプランがどうしても実行できない、もしくは幸運にもコンボパーツが揃ってしまった場合だけ競売王OTKを狙います。
競売王OTKに必要なのはコイン×2+1マナ呪文。
もちろん黙示禄の騎士が一体でも入ればその分必要なパーツは少なくなります。

・マリガン

運び屋の走り、グライムストリートの道具屋はキープ。
苦痛の侍祭もキープできます。
サロナイト、ドッペルもバフがあればキープもありです。
あとは有徳の守護者、水文学者、ウィッカーフレイム、ストーンヒルあたりもキープすることもあります。

・戦い方例(動画)

VS 翡翠ドルイド

VS 翡翠ドルイド2

VS 復活プリースト

VS デスナイトハンター

VS アグロドルイド

VS マーロックパラディン

VS ミラクルローグ

VS エレメンタル翡翠シャーマン


 

投稿者: hint24

ハースストーン無課金プレイ。毎月自作デッキでレジェンド到達してます。自作デッキ、動画を紹介。ランク戦最高はレジェンド31位。月末200位以内フィニッシュ1回。闘技場12勝6回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA