「京都」人による
「Kyoto」好きの人のための
「キョウト」観光ポータルサイト

京都観光地キーワード検索

紅葉の名所

 いろづく木々に囲まれて、京都の町が朱に染まる。四方の山々、寺院の庭園、ちょっとした街角、学校の周りまで、至る所で木々が色を変える。その色も単一ではない。鮮やかな朱色もあれば、しっとりとした赤茶もある。淡く黄色に色づく木々もあれば、黄金のような輝きを得る葉もある。この時期の京都はいい。桜の春と対をなす、京都必見の季節である。

嵐山
 春は桜、秋は紅葉と、自然がもつ四季折々の美しさを十分に感じさせてくれる。もちろん山々を彩る紅葉もきれいだが、常寂光寺や天竜寺など、その周囲にあるお寺の紅葉も見逃せない。11月中旬には「紅葉まつり」が行なわれる。見頃は、11月中旬〜11月下旬。

永観堂
 京都で紅葉といえば、というほどに有名なお寺。「もみじの永観堂」と呼ばれ、この時期、京都のあちらこちらで見られる紅葉のポスターにも使われている。東山側の回廊沿い、池廻の紅葉は特に美しいとされる。見頃は11月中旬から11月下旬まで。

京都御苑
 御苑中央の大イチョウを中心に、秋には様々な木々が色付き、境内を鮮やかに飾る。紅葉の名所として人気だが、敷地が広いためあまり混むことがないというのも魅力。11月下旬〜12月下旬まで、約一ヶ月近く見られる。

清水寺
 境内には約1000本のモミジが植えられている。清水の舞台の下は、高雄と双び紅葉の名所とされ、音羽川流域の渓谷「錦雲渓」のみごとなもみじは圧巻。夜の特別拝観の期間中はライトアップされ、昼とはまた違った、幻想的な風景を楽しむことが出来る。見頃は、11月中旬〜12月上旬。

光明寺
 境内にはかえでを中心に、約300本の古木の紅葉で彩られる。晩秋には山の全域が紅葉するが、特にもみじに覆われたトンネル「もみじ参道」の美しさは息を飲むほど。「紅葉と声明のゆうべ」では、竹のライトアップで浮び上がる幻想的な紅葉の風景が楽しめる。見頃は、11月中旬〜12月上旬。

三千院
 かえでの名所。庭園では、青々としたこけに覆われ、鮮やかな青苔と紅葉とのコントラストが得も言われず美しい。見頃は11月上旬から11月下旬まで。

詩仙堂
 山の斜面や谷間を使った、こぢんまりとした質素な雰囲気を漂わせる詩仙堂。竹林に囲まれた参道やこけにむした建物、丸く刈り込まれた緑に枝垂れてそよぐ紅葉など、他とは一風変わった趣を見せる。11月中旬〜11月下旬が見頃。

神護寺
 京都の紅葉で一番有名なところと言えば「高雄」。その「高雄」といえば神護寺。京都で一番早く色付く「イロハモミジ」があることでも知られている。夜はライトアップもされる。11月中旬が見頃。

南禅寺
 大方丈の枯山水庭園で知られるが、紅葉の名所でもある。山一面を鮮やかに染められた、秋の東山は絶景。また京都の三名勝史跡庭園の一つ、南禅院の池泉回遊式の庭でも美しい紅葉を見ることが出来る。見頃は、11月上旬〜11月下旬。

 他の紅葉の名所

光悦寺  高台寺  真如堂  東福寺  仁和寺  東本願寺  府立植物園
湯の花温泉などなど

地域別おすすめ宿

お得な宿一覧

宿は自分で探したいという人はこちら!

京都観光地
キーワード検索





メニュー
Google