「京都」人による
「Kyoto」好きの人のための
「キョウト」観光ポータルサイト

京都の道の名前

通りの名前

 京都の町の特徴の一つが、道路が整然とした碁盤の目のようになっていること。もちろん、かなり入り組んだ感じの小路も結構多くありますが、メインの大通りは、ほぼ昔のまま残されています。縦横各々の通りには名前がついていて、場所を示すときも便利です。慣れれば。そう、慣れれば便利なこの呼び名も、初めて京都に来た人にとっては、ややこしいだけ。「北野天満宮の東」と言ってくれればいいのに「千本今出川の西」と言われるのはよくあること。地図でも「烏丸御池の近く」とか「四条川原町から歩いて2分」とか書かれるのはごく普通のことです。京都に来るときは、メインの大通りだけでも覚えてきましょう。

地図

 左図は、京都の通りを模式的に描いた図です。

 かなりアバウトですが、覚えておきたいメインの通りは網羅しています。とりあえずこれだけ覚えておけば、まず困ることはありません。
 しかし、通通(とおりつう)を目指すならこれだけじゃ足りません。でも、受験じゃあるまいし、生真面目に覚えるのもバカらしい。そこで登場するのが、「通り名覚え歌」。昔の人も、覚えるの大変だったんでしょうねぇ(しみじみ)。歌は、縦横にわかれてあるので、ぜひこれを歌って、通りの名前を覚えてみてください!

通り名覚え歌

 横の通り編

横の歌は、二つあります。好きな方を覚えてください。

丸竹夷二押御池(まるたけえびすにおしおいけ)
姉三六角蛸錦(あねさんろっかくたこにしき)
四綾仏高松万五条(しあやぶったかまつまんごじょう)
雪駄ちゃらちゃら魚棚(せったちゃらちゃらうおのたな)
六条三哲とおりすぎ(ろくじょうさんてつとおりすぎ)
七条こえれば八九条(ひっちょうこえればはっくじょう)
十条東寺でとどめさす(じゅうじょうとうじでとどめさす)

 だれをだよ!・・・と間髪いれずに突っ込みたくなりますが、まぁ歴史上のだれかでしょう。
 通りとしては、北から順番に紹介されていて、
一行目は、丸太町通、竹屋町通、夷川通、二条通、押小路通、御池通
二行目は、姉小路通、三条通、六角通、蛸薬師通、錦小路通
三行目は、四条通、綾小路通、仏光寺通、高辻通、松原通、万寿寺通
五行目は、六条通
六行目は、七条通、八条通、九条通
七行目は、十条通を表しています。
 見ての通り、四行目以降は、「ちゃらちゃら〜」とか言ってるくらいなんで、あまり通りのことは示していません。三行目まで覚えれば十分ですが、それじゃすっきりしないという人は、全部覚えましょう。

 では、二曲目に行ってみましょう。

ぼんさん頭は丸太町
つるっとすべって竹屋町
水の流れは夷川(えびすがわ)
二条で買(こ)うた生薬(きぐすり)を
ただでやるのは押小路
御池ででおうた姉三に
六銭もろうて蛸買(こ)うて
錦でおとして四かられて
綾(あや)まったけど
仏々と
高がしれとる松(ま)どしたろ

 「ぼんさん頭は〜♪」とつい口ずさんでしまいそうな歌。私は、こっちのほうが好きですね。松原通で止まっていますが、あとは万寿寺通と、七、八、九、十条通だけなんでOKでしょう。

 縦の通り編

寺町御幸麩屋富柳(てらまちごおう、ふとみやなぎ)
堺高間東車(さかいたかあい、ひがしくるま)
烏丸両替室衣(からすまりょうがえ、むろころも)
新釜西小川(しんかまにしおがわ)
油醒ヶ井堀川の水(あぶらさめがい、ほりかわのみず)
葭屋猪熊黒大宮(よしやいのくまくろおおみや)
松日暮に智恵光院(まつひぐらしにちえこういん)
浄福千本はては西陣(じょうふくせんぼんはてはにしじん)

 漢文ですか?っと聞きたくなるような感じです。通通(とおりつう)を目指す人は、挑戦してみては?
 東側の通りから順番に、
一行目は、寺町通、御幸町通、麩屋町通、富小路通
二行目は、堺町通、高倉通、間ノ町通、東洞院通、車屋町通
三行目は、烏丸通、両替町通、室町通、衣棚通
四行目は、新町通、釜座通、西洞院通、小川通
五行目は、油小路通、醒ヶ井通、堀川通
六行目は、葭屋町通、猪熊通、黒門通、大宮通
七行目は、松屋町通、日暮通、智恵光院通
八行目は、浄福寺通、千本通を表しています。

地域別おすすめ宿

お得な宿一覧

宿は自分で探したいという人はこちら!

京都観光地
キーワード検索





メニュー
Google